blah-blah-blog

Twitterでなんとなく書きにくいことをなんとなく綴ってみようかなって(でもブログ続かないのよね)

ついさっき気付いたこと(実はついさっきでもないんだけどw)

最近嵐とサブスクをきっかけにJ-POPを聴く機会が増えた。

 

私は長年洋楽派だけど、青春時代にJ-POPはよく耳にしたから馴染みのある曲は多い。

実際にJ-POPのCDを買ったことも何度かある。

 

ただここ何年ものJ-POPの曲の売り出し方や変わらなさには疑問しかない。

 

CDは何バージョンも出してることが多く、"あ、この曲気になる"って層にはなかなか手を出しにくかなったと思うのは私だけかな。

あと少しサブスク解禁したり、YouTube解禁しただけで大騒ぎ(主に本人達が)を見ると"お、おぅ"となるのも私だけかな。

 

全員がCDを買わなくなり、かなりの人がサブスクやYouTubeで音楽を聴くようになった時代にCDをゴリ押しするのは自分達の音楽は自分達と自分達の音楽を聴く人達だけに向けて音楽を作ってるのかな、と。

それはそれで悪くないんだけど、残念だなぁという気持ちが私は強い。

 

そりゃサブスクやYouTubeがなーーーんの利益にもならはいのならそうするのも理解出来るんだけどね。

 

またこれについては書くかもしれないけど、何度も書いてはまとまらず、を繰り返してるからとりあえずここで切る(笑)