blah-blah-blog

Twitterでなんとなく書きにくいことをなんとなく綴ってみようかなって(でもブログ続かないのよね)

Publishしてなかった

生歌か口パクか、ってよく議論される。

個人的にはパフォーマンスが良ければ、パフォーマンス系のアーティストや楽曲なら口パク(orかぶせ)でも良いと思っている。

 

ただ正直歌が上手くないであろう人が、口パクの時に熱唱しているとそれはそれで引いてしまうんだけどね。

 

私が不思議に思うのが、生歌が絶賛される風潮。

生歌がすごいんじゃなくて、むしろ音程外れないのは当たり前で、その先の表現力だったりパフォーマンスだったりが素晴らしいのがプロってもんじゃないの?と思うのよ。

生歌で歌唱力を心配しながら曲を聴くのってどうなの?と思う。

 

あとFNSをチラ見したけど、日本の音楽業界大丈夫かなって心配になってしまった。

音響の問題もあるんだろうけど、でも個々では上手いはずなのにグループで歌うとハモりが壊滅的ってのも結構あったと私は思った。(慣れや声質の問題なんだろうけど)

私は音楽の知識はないけど、それなりにいろいろ聴いて来たつもりではある。

年々安心して生歌を聴いてられるアーティストが減ってしまったからか、聴く側の質も落ちてしまったのかなぁ、と超上から目線だけどそう思ってしまった・・・