blah-blah-blog

Twitterでなんとなく書きにくいことをなんとなく綴ってみようかなって(でもブログ続かないのよね)

マンガ

後日個別のレビューとやらを書くかもしれないけど、今現在私は杉山小弥花さんのマンガにどハマりしてる。

 

好き嫌いは分かれる作風だと思うけど、私はとても好き。大好き。堪らない。

誰かがレビューで"スルメみたいな作品"と言っていて、ホントその通りだと思った。

一度で理解するのはなかなか厳しいと思うけど、再読する度に理解という旨味がじゅわっと出て来る感じ。(うまいこと言ったつもり)

 

ただ私は長期連載のものが好きで、巻末に収録されている短編/中編や短編を集めた『花の名を知らない』は私には難解な世界で合わなかった。

というわけで、長期連載=明治失業忍法帖&当世白浪気質、でありんす。

現在連載中の『大正電氣バスターズ』は無料で読める範囲でしかまだ読んでないから正確なことは言えないけど、でも多分私好き(笑)

幸か不幸か連載が終了(打ち切り?)するみたく、年内には2巻(&一応完結巻)が出ると思われるのでそれまで読むのは待とうと思う。

 

個人的には雑誌は買わない&物理的な漫画本は極力買わない&主に完結した物を読む、のをプチ信条としてるけど、作家さんと作品を支持することを考えると現在進行形で続いてる作品を買うのも必要なんじゃないかってちょっとだけ格闘してる。

なんかジャ○ーズファンらがCDを一生懸命買い集めてるのが少し理解出来たかも。

 

少しだけネガティブなことを書くと:

・絵が時々おかしいことがある

・誰が喋ってるセリフなのか分かりづらいことがある

・セリフの位置が他と違うような?

・手書きの字が小さ過ぎてand/or太過ぎて読みづらい(これは電子版だから?)

・もうちょっとだけでも良いからイチャイチャ要素が欲しい!笑(これは雑誌の方向性とかがあるのかな?)

かなー。

でもこれらを含めても充分面白いと私は思ってる。

 

明治〜も当世〜もキャラクター(特に男性主人公)の方向性はあまり変わらないと思う。(私が好きな感じなので不満は全くないケド笑)

それなのにマンネリ感がないのが不思議。

巻数がそれぞれ絶妙なのかな?

 

謎だらけだけど、出て来るメンズが本当に素晴らしい♡笑

良い歳して久々に?キュンキュンしましたよ。

主人公もいいんだけど、脇役のメンズがまた良い味出してるのよ。

女性陣も素敵なんだけどね。

私は千趣ちゃんとモモちゃんが好き♡しゅてき♡

 

というわけで、暴走はこのくらいにしておこうかな。

 

絵が洗練されてて、隅々まで読み応えがあって、恋愛要素ももちろんある素敵なマンガを探してるケドなかなか納得いく感じのがない。。。うぬぬ